働いている分、それなりにチャンスはある

フリーターの方は、働いている分チャンスはあると思います。何度失敗しても構いませんので、積極的に面接を受けることが大切です。色々な仕事を経験していることを証明し、何でも出来るという点をアピールすることも忘れないでください。ちょっとしたことで採用されることもありますから、くじけずに就職活動を続けて行くことが大切です。

 

 

またフリーターとして仕事を続けて行くことも必要になります。辞めてから仕事を探すというのはどうしても難しいもので、特に収入面で苦労することになります。採用される会社が決まるまでの間は、今の仕事場で働くようにしてください。それによって収入を確保することができますし、それなりにスキルアップも図れると思います。

 

 

長年同じ職場でアルバイトをしている場合は、もしかしたら店長などの重職を与えられる可能性もあります。その場合は正社員に昇格する可能性がありますので、もし3年以上働いているのであれば、その仕事を続けるというのもありだと思います。ただ昇格などの人事が行われないようなお店であれば、見切りをつけた方が良いかもしれません。

 

 

関連情報
既卒の就活ポイント
既卒が就職活動で気をつけること

 

 

ニートに比べれば採用の確率は高いですし、働いていることの証明がしっかりとされていることは企業側もわかっています。後はどれくらい自分が使える人材なのかをアピールし、企業側へ印象付けることが必要になるでしょう。フリーターの方が採用されないのは印象不足の面があることが多く、使える人材であれば印象を変えるだけで採用されることはあります。