転職事情を知って、自分を知る

転職事情

 ニュース番組では、雇用状況が改善されていることが伝えられています。高校生の就職内定率は上昇傾向にあり、失業率も低下傾向にあるという数字が公表されています。このような数字を見る限り、転職したほうが給料が上がり、生活スキルも上がるのではないかという期待感があります。しかし注意しなければならないのが、正社員雇用と非正規社員雇用の割合です。非正規社員雇用の割合が増えているのです。そのため転職先の仕事は見つかりやすいが、生活スキルが改善するとは限らないのです。

 

検討すること

 このような事情のため、もし転職するのであればさまざまなことを検討したり、準備する必要があります。検討するべきことは、生活スキルが改善できる状況にあるのかです。もし職を失っている状態で働きたいのであれば、就職先を探すという選択肢しかありません。しかし現在働いている場合は、今後も現在働いている職場で働き続けるのか、それとも新たな就職先を探すのかに分かれます。

 

確認すること

 いずれにしても転職するのであれば、面接を受ける前に自分を知ることです。履歴書を見てこれまでどのような仕事をして、どのようなスキルを得ているのか、そのスキルを活かせる職場があるのかなどです。ほかにも確認することはありますが、気持ちを整理してから面接に臨みたいところです。